【9月ランキング】おすすめVPN|速度と安全性の実際テスト

本文は2021年9月に更新され、メインな目的はvpn サービスを利用したい方々に日本にはもってこいなvpnおすすめしたいと考えています。

ネットには色んな外国のブロガーが翻訳してくれたvpn 比較についての文章がたくさんあり、私の国にも、VPNの解決提案に関するネット会社がいっぱいあります。やはり各社のvpn サービスによって、ちょっと違っていますので、利用者が自身のニーズが分からないと、自分に相応しいVPNを選べませんので、まずは自分が必要なサービス内容を確認しましょう~

作者自身は日本のアマゾンのサーバーで日本国内外50種類以上のvpn 速度を確認したことがあり、日本での長い生活経験で、下記の記事を通して日本の方々に最適なvpn サービスを紹介したいと思います。

  • VPN使用のメリット
  • 日本にはもってこいなvpn おすすめ
  • vpn 比較リスト
  • 日本 vpnの評価基準
  • VPN使用のよくある質問

人気のVPN [クイック比較]

色んなブロガーがVPN おすすめの際には、単なる自分の経験で記事を書いていますが、私たちがVPN 比較の際には、自由にロケーションを変える機能やNetflix映画視聴の解禁や匿名でのネット使用の安全性などのみならず、日本のアマゾンのサーバーで各種のVPN サービスの速度も確認しましたので、日本の方々に最適なVPNアプリを紹介する自信があります。

Netflix映画視聴の解禁、激安価格でYouTube Premiumを購入することなどのために国内 vpnを使ったら、なかなかできませんので、私たちは日本国内外50種類以上の有料 vpnを確認した結果の中にスピード.安全性の面が最も優れている3社のVPN商品を紹介します。

比較表ExpressVPNSurfsharkVPNNordVPN
アプリケーションの起動に必要な時間🌟 5秒未満25秒20秒
日本のアプリ
手動接続 日本のサーバー🌟 78.7Mbps18.5Mbps8.2Mbps
手動接続 香港のサーバー🌟 80.7Mbps32.5Mbps43.7Mbps
価格(1ヶ月)12.95ドル(約1,360円)1432 円1256 円
サーバーが配置されている国の数🌟 94 国65 国59 国

ExpressVPN 接続香港のサーバー

SurfShark 接続香港のサーバー

NordVPN 接続香港のサーバー


日本にはもってこいなvpn おすすめ

私は日本で国内 vpnと海外 vpnを50種類以上使用.テストしたことがあり、大部分のvpnは有料になりますが、実際に使ってみたら、一部分の会社のvpn サービスはセキュリティ問題あるいは、返金不可の原因でちょっと使いにくいです。私自身が安全性について調査.テストした経験で日本での使用に相応しい3種類のVPNをおすすめします。

備考1:VPNに関する詳しい評価基準は「私たちのVPNの評価基準」にてまとめておりますので、参考にしてください。
備考2: VPN用サーバーの設立はかなり費用がかかりますので、市場にある無料のVPNアプリはセキュリティ対策があまりよくないですが、詳しい資料は「VPNの仕組み」にてまとめておりますので、参考にしてください。


イチオシのVPN:ExpressVPN

ExpressVPN 日本
最低月額料金返金保証国とサーバー数同時接続可能数会社規模
6.67ドル(約730円)30日間945台(デバイス)1位

Bernieの個人経験:ずっとIT業界に勤めている私にとっては、ネットワーク使用上の安全性を何より重視しています。何十種類のVPN商品を使いましたが、イチオシはやはりExpressVPNです。特に利便性が優れています。今、普段使っているPS5、パソコン、スマホなどはExpressVPNを利用すると、ワンクリックで暗号化とIPアドレスの変更はすぐに完成しますので、今まで使ったアプリの中にvpn 速度が一番早い商品です。

ExpressVPN は現在世界中一番大手のVPN会社になり、PWC(PricewaterhouseCoopers)により、税務監査されています。日本語ホームページのサービスと日本語対応のVPNアプリ以外は、24時間年中無休のカスタマーサポートの提供は本当にvpn 日本市場への進出に頑張っています。その故にvpn ランキングの一位はExpressVPNでお薦めです。他の優れているメリットは引き続き紹介します。

最高のアフターサービス

ExpressVPN は購入後の30日間、理由を問わず、手数料なしで、全額返金可能のサービス提供の上、24時間年中無休のカスタマーサポートの対応と日本語ホームページのサービスと日本語対応のVPNアプリなどは、まさに日本 の vpn サービスのようにおもてなしです。

ノーログポリシー

ノーログポリシー

色々とvpn サービス 比較をしたら、ExpressVPNは数少ないノーログVPNだと発見しました。ノーログポリシーとは、難しく説明する必要があまりありませんが、分かりやすく言えば、サーバーに記録装置がないこと。皆様はちょっと想像してください。もし、普段使っているデジカメに記録装置とメモリーカードがない場合は、写真を撮っても、保存できない感じです。

現在の通信事業者は全てノーログポリシーではありません。つまり皆様のネット使用履歴は全て利用している通信事業者に保存されています。これは何か犯罪事件が発生する際には、警察と調査機関はいつも通信事業者に行って通話履歴などを調べるわけです。(嫌疑者のネット使用履歴、通話履歴、LINEのチャット.通話履歴など)

備考:もちろんVPNの不正使用による犯罪は必ず批判しますが、プライバシーと匿名性を考えてネットを使用するには、VPNの利用はお薦めです。

最速の通信機能

有料 vpn選択肢の中にExpressVPNは一番高いわけではありませんが、スピード性能は一番優れています。日本のアマゾンのサーバーで確認した結果ですが、ダウンロード速度は79Mbpsとアップロード速度は241Mbpsになりますので、同時に4つの4Kの動画を視聴できます。


お薦め(二):SurfShark

SurfShark 日本
最低月額料金返金保証国とサーバー数同時接続可能数会社規模
275円30日間 65制限なし3位

Bernieの個人経験:SurfShark はスピード性能の表現も相当いいですし、同時接続可能数の制限なしも売りの1つですが、安全性と会社運営の面は数十年経験のあるExpressVPNと比べると、ちょっと劣っています。国とサーバー数もExpressVPNより少ないですので、PS5、Apple TVなどのデバイスにまだ対応していません。低価格で新しいVPNアプリを体験するご希望の方には、SurfSharkがいい選択肢かもしれません。

SurfSharkはこの2年間で急速に発展してきたVPNの会社で、現在ExpressVPNとNordVPNと共に世界の三大VPN会社と言われています。品質の安定性と長期プランの低価格で、有料vpn ランキングの二位でお薦めです。他の優れているメリットは引き続き紹介します。

長期プランの低価格

SurfShark は安いVPNだと言っても過言ではない。ExpressVPNはなければ、SurfSharkは世界中最適なVPNだと思います。

CM広告ブロック機能

SurfShark のサーバーにはCM広告ブロックの機能が付いています。もし、SurfSharkを利用すると、CM広告ブロック機能のソフトを使わなくても、大部分のホームページに出ているCM広告をブロックすることが可能です。(YouTubeのCM広告は除き)


お薦め(三):NordVPN

NordVPN 日本
最低月額料金返金保証国とサーバー数同時接続可能数会社規模
385円30日間596台(デバイス)2位

Bernieの個人経験:NordVPN は現在世界中2番目のVPN会社ですが、国とサーバー数がExpressVPNとSurfSharkより少ないです。ここ数年のVPNソフト 比較調査の中にNordVPNは大体いつもExpressVPNの次の2位の座に据えているVPNですが、自分のランキングでは、SurfSharkとNordVPNがほぼ同じで、両方とも2位だと思います。

NordVPN は現在世界中2番目のVPN会社になり、今まで大体9年の歴史があります。2018年に創立されたSurfSharkと比べると、品質と安定性などの経験のほうが豊富です。しかし、NordVPNを購入するご希望がある方に言っておきたいことが1点あり、それは中国で完全に使用できませんので、中国でのご使用の場合は、やはりExpressVPNのほうがお薦めです。


vpn 比較リスト

比較表ExpressVPNSurfsharkVPNNordVPN
国とサーバー数956559
月額料金12.95ドル(約1,360円)約1430円1256円
1年プラン730円716円517円
最低月額料金 (多年プラン)6.67ドル(約730円)275円385円
スピード★★★★★★★★★☆★★★☆☆
カスタマーサポート★★★★★★★★★☆★★★★☆
アプリの安定性★★★★★★★★☆☆★★★★☆

私たちのVPNの評価基準

現在の市場では、国内VPNに海外VPNを加えて1000種類以上のアプリを超えていますが、運営一年未満のVPN会社は80%以上もあります。ベンチャー企業のように9割以上は大体失敗してしまう厳しい業界です。私もあるVPNを3年プランで買いましたが、半年後、VPN会社がつぶれてしまった痛い目に合ったことがあります。

二度とそのようなひどい経験をしないように、私たちは日本国内外50種類以上のVPNを確認したことがあり、日本での長い生活経験で、日本の方々にvpn ランキングを紹介したいと思います。以下の紹介内容は自分自身の評価基準ですが、ご参考ください。

会社運営

会社の運営状況と誠実は私たちの評価基準の一つです。かつてある中国人が某VPNを使って警察に逮捕された事件もありました。原因はそのVPNアプリですが、実は中国政府が開発したフィッシングアプリということです。私たちからお薦めしているvpn サービスは全て会社運営状況を徹底的に調査しましたので、ご安心ください。

ExpressVPN は世界4大の会計事務所に税務監査されている唯一上場予定がある企業です。運営は12年超えているVPN大手の会社もExpressVPNのみです。ちなみに、NordVPNは9年も運営されていますので、会社の運営状況と誠実の評価であれば、この2社をお薦めします。

プライバシーを保護

プライバシーを保護するのは、VPNアプリ利用の最も基礎です。たくさんの有料vpnでも、必ずしもできるわけではありませんので、かつてある企業がVPNを使っても、重要な情報が漏れた案例もありました。私たちがお薦めしているExpressVPNSurfSharkNordVPNの3社はノーログポリシーの対応はもちろん、使用者のIPアドレスも完全に隠すことが可能です。

VPNのスピードと安定性

vpn おすすめのワンポイントはスピードの表現です。VPNを使っても、元々のネット速度に近いのは理想ですが、色んな確認した結果により、ExpressVPNの表現は一番優れています。大部分のVPN会社はコストなどの面で、性能普通のサーバーを使っていますが、使用者がサーバーに接続すると、ネット速度は大幅に落ちてしまい、動画視聴までできなくなる場合もありますので、そのような商品なら、絶対にお薦めしません。

vpn 料金

AstrillVPNのようなVPN会社は世界一安全VPNと自称していて、ExpressVPNより2倍の費用で販売していますが、中国で洩漏使用者IPという事件はばれられたこともありますので、一番高いモノ=一番いいモノではありません。安いvpnの中にいいモノもありますので、私たちからのおすすめ vpnは全てコスパ最高のモノです。

国とサーバー数

比較表ExpressVPNSurfsharkVPNNordVPN
国とサーバー数⭐️946559

一般的な方にとっては、VPNを選ぶポイントはサーバーのトータル数量ではなく、接続できる国ですので、私たちも一つの国にあるサーバー数量ではなく、全世界にあるサーバーの拠点の数量を優先に考えています。ExpressVPNは現前接続できる国の数量が一番多いVPNの商品です。ちなみに、今年、SurfSharkは NordVPNを超えて接続できる国の数量が二番目のVPN商品です。上述の三つの商品とも、vpn 日本 サーバー接続提供のサービスがあります。

商品の使いやすさ

vpn ソフト 比較の際には、使いやすさをよく考えられています。色んな専門ブログに自分でVPN接続の紹介方法が書いてありますが、大部分の人はたくさんの時間、費用をかけて外国でサーバーを借りてVPNアプリを作ることはしないと思います。直接に市販のVPNアプリを購入したほうが安いし、安定性も専門会社から開発されたモノのほうがいいはずです。


VPN使用のよくある質問

日本でよく聞かれているVPNの質問について

  • 海外VPNと日本VPNの比較?
  • 自由にロケーションを変える?
  • 身元を隠す?
  • VPNは合法ですか?
  • 無料VPNと有料VPNの違い?

海外VPNと日本VPNの比較

VPNは強力な暗号化で安全に保つことができ、自由に自分自身のIPアドレスを変えるアプリです。ExpressVPNの強みは世界の95カ国にサーバーがあり、使用者がどんな国のIPアドレスにも自由に切り替えることが可能です。

日本の通信事業者のVPNを使うと、自分のIPを暗号化されている安全の日本ロケーションのIPに切り替えるのみですので、大部分の使用者のニーズに応じていません。VPN使用者の希望はやはり海外のサービスを利用することです。例えば、激安の値段でYouTube Premiumを購入、Netflixの解禁、自分自身のIPアドレスを変えるなどは全て海外VPNの利用は必要です。

自由にロケーションを変える

YouTube Premium の販売価格は地域により、ちょっと違うことは皆様がご存知ですか?(日本地域では1180円で、アルゼンチンでは大体170円になります。)どんな価格で購入するのは、自分にいる国ではなく、購入の時に使っているネットのIPアドレスからの判断です。誰が通常の2割の価格でNetflixもしくはYouTube Premiumを購入できたら、必ずIPアドレス変更のワザを利用しました。 現在の海外vpnは大体ワンクリックするだけで簡単にIPアドレスを変えることが可能です。

身元を隠す

通常のネット使用は各通信事業者から使用者に提供しているIPアドレスを使っていますので、全ての使用履歴は通信事業者に保存されています。皆様はインターネットを利用する際に完全に匿名で追跡されていないご希望があるでしょう。その場合は、VPNの暗号化の機能は非常に役に立ちます。例えば、ExpressVPNはノーログポリシーの技術を採用していますので、ユーザーが訪問するウェブサイトの履歴と通信内容は暗号化された上、監視と記録されません。

VPN使用の合法性

インターネットを利用する際の資料暗号化は完全に合法です。銀行業者間の連絡のようにハッカーによる機密情報を盗まれることを予防するため、やりとりの資料を全て暗号化して保護しています。一方で、ある国の政令により、「国が人民の全ての情報を確認する権利がある」という場合もありますので、例えば、中国.北朝鮮.イランなどの国で、インターネットを利用する際の資料を暗号化すると、違法になってしまいます。日本.韓国.台湾.アメリカなどの自由な国であれば、完全に合法ですので、ご安心ください。

備考:中国でのVPN使用.サービスについては、特別に「中国VPN使用マニュアル」にてまとめておりますので、参考にしてください。

無料VPNと有料VPNの違い

VPN用サーバーの設立費用は結構かかりますが、個人の計算によると、ExpressVPNのサーバーコストは1台あたり、月にUSD$10000ドルを超えているようですので、通常のVPNであれば、全て有料のはずです。以前、有名な無料VPN「LanternVPN」ですが、2020年にある使用者が中国政府に逮捕された事件が中国で2回も発生しましたので、もしかして中国政府が開発したフィッシングアプリという声もあります。また、大部分の無料VPNはノーログポリシーの技術を採用していませんので、ユーザーが訪問するウェブサイトの履歴は全て業者に監視.記録されています。

備考:詳しい内容は「無料VPNのリスク」にてまとめておりますので、参考にしてください。

まとめ

本文の目的はあくまでも皆様にvpn サービスについて紹介したいですが、ExpressVPN.SurfShark.NordVPNの3社は私たちが日本国内外50種類以上のVPNアプリを確認した結果の中に日本にもってこいなVPN商品です。特にスピード.安全性.コスパの面は最も優れています。

ExpressVPN総合評価は1位という結果で、スピード抜群且つ安全、 ホームページとアプリは日本語対応の提供があり
SurfShark低価格で新しいVPNアプリを体験するご希望の方にはお薦め、国とサーバー数はExpressVPNより少ないのみ
NordVPN接続安定性が良いですが、国とサーバー数は、ExpressVPNとSurfSharkより少ない

もしVPN使用のニーズがある方には、上述の3社をお薦めします。3社とも、30日間の返金保証がありますので、どうぞご安心してお試し下さい。

リファレンス:

Bernie

デンバー大学出身で、アメリカのグーグルと中国のアリババに勤めたことがあり、現在日本でネットセキュリティに関する会社を経営しています。前の大手会社での実務経験により、インターネット情報の扱いは安全ではないことが分かりました。大部分の使用者のネット使用情報はハッカーに簡単に読み取られますので、アメリカでは、大部分のユーザーが、インターネットのセキュリティを確保するために全てのネット使用データを暗号化してから、扱っています。ただし、アジアでは、そのような認識.習慣がほとんどありません。誰でもネットワークセキュリティの重要性をより認識し、自分自身のネット使用情報を隠す方法を学ぶ必要があると思います。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

高級プレーヤーになりませんか?

デジタル生活マニュアルを登録してください!

フォローする:

© 2021 All Rights Reserved

LifeDigitalWiki
Logo