【最強VPNはどっち?】匿名+高速トレントダウンロードのVPNのおすすめ

VPNの使用はトレントダウンロード時の匿名性の保護が可能です。

トレントダウンロードの時、知らないうちに著作権を保護されたコンテンツをダウンロードしてしまいやすいです。出版社は保護されていないp2pソフトから使用者のIPアドレスを取得したら、高額な賠償金を請求します。賠償金がもらえない場合は、警察に通報しますので、逮捕される可能性もあります。(5ちゃんねるの計算情報によると、漫画.アニメの賠償金は、大体100万円で、アダルトビデオの賠償金は大体1,000万円~1億円の程度です。)

なので、匿名性が良く、ダウンロードスピードが速いVPNの使用は自分のダウンロード安全を守るのは、十分に重要です。

10/10/2021 更新
高速、匿名性が良いVPNのおすすめ:

1. ExpressVPN – 一番使いやすいトレントVPN
2. PrivateInternetAccess – 安全、高速のトレントVPN
3. VyprVPN – 限界突破のトレントVPN
4. CyberGhost – 専用サーバーでトレントダウンロードのVPN
5. hide.me – 無料のトレントダウンロードのVPN

今すぐナンバーワンでオススメのVPNをお試しください!
01.

ExpressVPN – 一番使いやすいトレントVPN

​​

ExpressVPN 日本
最低月額料金返金保証国とサーバー数同時接続可能数会社規模
6.67ドル(約730円)30日間945台(デバイス)1位

ExpressVPNへ: https://www.expressvpn.com/jp

ExpressVPNのトレントダウンロードの3大メリット

1. 通信速度が最速

私たちの速度実際確認の結果で、香港に接続してAV動画をダウンロードしたところ、ExpressVPNは私たちテストしたVPNの中に通信速度が一番早いです。ダウンロードスピードは80.68Mbpsで、アップロードは40Mbpsでした。

また、ExpressVPNは94の国にサーバーがあります。ユーザーが自分ダウンロードのトレント種類により、適合のノードを選んでダウンロードスピードを上げます。例えば、韓国ドラマの場合は、韓国のノードを選び、アメリカ映画とドラマの場合は、アメリカのノードを選びます。

2. 匿名性最高

ExpressVPNはノーログポリシーを採用し、最近、イギリスの上場企業Kapeに買収されましたので、ユーザーのプライバシー保護についてより強化します。

ExpressVPNはパーフェクトフォワードシークレシー(Perfect Forward Secrety)を使って匿名性を保証します。“パーフェクトフォワードシークレシー”というシステムはセッションごとにダイナミックな暗号化キー(encryption keysを新しく割り当てます。長いセッションの場合は60分おきに新しい暗号化キーが割り当てられますので、端末が危険にさらされたとしても、アタッカーは過去のセッションで送信/受信したデータから解読することができません。

運営の立場と技術の立場から見ると、ExpressVPNのユーザーの匿名性を最大限に守ってくれます。

3. キルスイッチ(Kill Switch

ExpressVPNはキルスイッチの保護装置が付いていますので、万が一VPNの接続が切れてしまった時、ExpressVPNはトレントソフトとインターネットの接続もすぐに切ってくれますので、ユーザーのIP情報がISPに洩れないことが保証できます。いつでもユーザーのトレントダウンロードの安全性を守ってくれます。

✅  3,000台超えのサーバーは全てトレントダウンロードの対応が可能
✅ 対応可能のサービス:uTorrent、BitTorrent、Deluge、Vuze、qBittorrent、BitComet、WebTorrent
✅ 互換性のあるデバイス:Windows、Android、iOS、macOS、Chrome、Linux、Firefox、路由器
02.

Private Internet Access – 安全、高速のトレントVPN

1. ポートフォワーディング

Private Internet Access(PIA)はポートフォワーディングの機能がありますので、これはトレントダウンロードの最大のメリットです。

ポートフォワーディングとは?(port forwarding)

ポートフォワーディングはVPNサーバーの外部トラフィックをクライアント(client)に伝送でき、シーディング(seeding)の提供ができる一部のユーザーは、自動的にあなたのP2Pソフトに接続でき、ダウンロード速度を上げることができます。ポートフォワーディングがない場合は、自らシーダー(seeder)のユーザーを検索するしかありませんので、接続をパッシブに受け入れることはできません。

ポートフォワーディングを使用すると、使用しないと比べると、より多くのユーザーがP2Pソフトに接続できるようになり、ダウンロード速度が大幅に上がります。しかし、私たちの実際確認の結果により、PIAのサーバーの最大ダウンロードスピードはExpressVPNより低いですので、全体から評価すると、PIAは2番目のおすすめです。

もし、古いトレントをダウンロードする場合は、PIAはイチオシです。私たちの実際確認の結果で、2年前の古いトレントであれば、1kb/sのダウンロードスピードが50kb/sに上がりますので、これは大きな改善です。

2. サーバーが多い

PIAは世界78の国にサーバーが35,550台あります。また、全てのサーバーはP2P共有/トレントダウンロードの対応が可能です。全てのサーバーは性能がいいですが、通信量ピークの時間帯には、少々不安定がありますので、SOCKS5プロキシ(socks5 proxy)を使うと、改善できます。

3. キルスイッチ(Kill Switch

PIAもキルスイッチの保護装置が付いていますので、ユーザーの安全保護が可能です。

✅ 35,550台超えのサーバーは全てトレントダウンロードの対応が可能
✅ 対応可能のサービス:uTorrent、BitTorrent、Deluge、Vuze、qBittorrent、BitComet、WebTorrent
✅ 互換性のあるデバイス:Windows、Android、iOS、macOS、Chrome、Linux、Firefox、ルーター
03.

VyprVPN – 限界突破のトレントVPN

VyprVPNのトレントダウンロードのメリット:

1. 安全なダウンロードプロトコル

自社開発した安全プロトコルにより、地理的な制限を通しやすいですし、通信速度が速いです。もし、ユーザーの区域にISPブロックのトレントサイト(例え、パイレート・ベイ)がある場合は、非常に向いています。

2. 多数の接続選択

Vyprは700台超えのサーバーを提供しています。また、全てのサーバーはP2P共有の対応が可能ですので、高速でダウンロードできます。

しかし、Vyprの親会社Golden Frogはアメリカ企業ですので、よくrarbgとpiratebayなどの欧米映画の資源が多いトレントサイトを利用する方なら、VyprVPNを使わないほうがいいです。

✅ 700台超えのサーバーは全てP2P共有の対応が可能
✅ 対応可能のサービス:BitTorrent、uTorrent、qBittorrent、BitLord、Transmission、Deluge、Popcorn Time
✅ 互換性のあるデバイス:Windows、Android、iOS、macOS、Chrome、Linux、Firefox、ルーター
04.

CyberGhost – 専用サーバーでトレントダウンロードのVPN

Cyberghostは誰もトレントをダウンロードできる専用のトレントサーバーを提供します。

しかし、トレントの7100台のサーバーの中にトレントの提供があるのは僅かですので、ご確認の上、トレントをダウンロードしてください。

Cyberghostは広告、トラッカー、マルウェアのブロッカー対応機能もありますので、トレントサイトを検索する時に、広告表示をブロックしてくれます。

05.

hide.me – 無料のトレントダウンロードのVPN

Hide.meはトレントダウンロード可能の完全に無料のVPNです。

hide.meは月に2GBの無料の通信データがあり、アメリカ以外のサーバーは全てTorrentの対応が可能です。しかし、Hide.meの無料バージョンは接続できるサーバーノードが5個のみです。(米国東/西海岸、カナダ、オランダ、シンガポール)現在、日本からシンガポールへの接続の通信速度が一番早いです。

普段、トレントダウンロードをあまり使っていないユーザーにとっては、無料のHide.meを使ってみても、いいです。

トレントファイルをダウンロードするのにVPN使用の理由は?

VPNを使用すると、安全の状態でトレントファイルをダウンロードできます。

しっかり対策するため、トレントサイトを閲覧する際は、信用できるVPNに必ず接続しましょう(ExpressVPNがおすすめです)。データの安全を保ち、悪質なリンクの対策に役立ちます。

IPアドレスの漏洩

たくさんのユーザーはトレントファイルをダウンロードする際、知らないうちに自分のIPアドレスが漏れてしまいます。IPアドレスは現実世界の住所みたいですので、違法疑惑行為がバレたら、著作権を侵害された業者がユーザーのIPアドレスを当地のISP(インターネットサービスプロバイダー)もしくは、警察に通報します。もちろん、大部分の使用者は合法的なコンテンツをダウンロードしますが、万が一、著作権を保護されたコンテンツをダウンロードすると、逮捕される恐れもあります。

また、トレントファイルは誰でも自由にアップロードすることが可能で、たくさんのハッカーはわざとウイルスとトロイの木馬付きのファイルをアップロードしています。もしVPNの暗号化接続で保護しないと、個人情報漏洩の上、ハック被害に遭いやすいです。

5ちゃんねるでVPNを使っていないことで、ハック被害に遭いと逮捕などのコメントもよく見かけていますので、トレントサイトの利用の際には、もっと注意すべきです。

どうのように役に立つVPNの選択?

VPNの選択ポイントが3点あります:

ノーログポリシーの提供が有無Torrent支援回線の数量キルスイッチ(Kill Switch)機能の有無

たくさんのVPN会社はTorrentを使ってデータをダウンロードできると宣伝していますが、Torrentが使えるサーバーは1桁しかありません。大部分のVPN会社はTorrentが対応できるノードが少しのみです。

ノーログポリシーは最大限で個人情報の漏洩を守ることが可能です。Torrentでのダウンロード履歴は全て記録されていませんので、ダウンロード証拠がバレません。

キルスイッチ(Kill Switch)は3つのポイントの中に一番重要です。VPNの接続でも、ネットの不安定により、途中切れる可能性がありますが、もしトレントファイルをダウンロードしている途中に切れてしまったら、ユーザーのIPアドレス漏れの恐れがありますので、いつでもダウンロード履歴が漏れないようにキルスイッチ(Kill Switch)の機能をオンする必要があります。

Bruce

シンガポール出身で、日本でフリーライターとして働いています。旅行と航海が好きで、究極のハイカーです。バックパッキングも熱中していますので、一人でヨーロッパ横断して20ヵ国の旅行経験があります。日本文化を探るうちにだんだんと好きになり、馴染んで来ましたので、今、一年中に3個月ぐらいの時間は海外旅行をして残り時間は日本で生活しています。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

高級プレーヤーになりませんか?

デジタル生活マニュアルを登録してください!

フォローする:

© 2021 All Rights Reserved

LifeDigitalWiki
Logo