【10年の経験】無料のホームページ作成ツール5選の完全比較|hp作成経験のシェアと紹介

初心者はホームページ作成に関する資料を検索する時、よくある質問は「hp作成ってどのぐらいの費用する?高いでしょう?」などです。2021年の現在、世界中にあるウェブサイトの数量はなんと20億もありますが、中の半分以上は、大体ここ5年間に出て来たサイトです。そのような現象の主な原因は、無料のホームページ作成ツールの崛起です。ホームページ作成のコストは過去の数十万USDから【無料】に変わって来ました。

現在、ネットにあるホームページ作成ツールに関する紹介文章は大部分はホームページ作成の会社が書いた記事です。その会社の目的は最終的、使用者が自分の会社のサービスを購入するため、実際に無料のホームページ作成ツールを使ったことがありません。(もし、使用者は全て無料のホームページ作成ツールを使うと、ホームページ作成の会社は全然儲からないでしょう)作者自身はプロブロガーとして、サイト作成の経験が10年以上あり、実際に使用したツールが数十種類以上もありますので、個人経験での細かい分析比較の情報を皆様に紹介します。

ホームページ作成ツールの比較表5選

作者自身はプロブロガーとして、ここ10年間、数十種類のECサイトを経営したことがあり、たくさんの個人ブログも作成したことがあります。(ご覧のこの記事を含め)バーチャルホストを販売していませんし、ホームページ作成の会社でもありませんので、本文で書いてある内容は全て個人のホームページ作成の経験と実際に使用した無料且つ使いやすい無料のホームページ作成ツールランキングです。

たくさんのホームページ作成の会社はWordPressが無料だと紹介していますが、WordPressは必ずバーチャルホストで設置することをちゃんと説明していません。バーチャルホストは決して安くないんです。

例えば、「ナンバープレート」自体は無料ですが、車がないと、意味がありません。車は決して安くありません。「住所」自体も無料ですが、家がないと申請できません。家も決して安くないでしょう?その会社はバーチャルホストを販売する(車.家販売のような)目的ですので、本当のブロガーではありません。紹介した内容はホームページ作成の初心者の方に向いていません。

国内海外、他の上場企業になれるホームページ作成ツールはありませんので、Wixは本当に断トツの一位です。また、Wixは【日本語対応可、日本語での技術提供のサポート体制、作成が一番簡単、完全無料】などのメリットがあり、個人ブログ、企業ホームページ、ECサイトの対応も可能ですので、初心者の方にとっては、最も相応しいウェブサイト作成ツールです。

Wixのホームページへhttps://ja.wix.com


現在世界中、毎年に2億以上の新しいホームページ増加という状況になっていますので、ホームページ作成ツールのプランも平均三個月~半年にプランを更新されています。たくさんのブロガーが提供している比較表はちょっと古い情報ですので、本サイトに書いてあるデータは全て2021/10/01に更新した最新情報です。

 作成の難易度テンプレート数広告の非表示無料ページ 公開数独自ドメイン設定Google Analytics容量
🥇Wix✔︎ 極めて簡単900+
(無料バージョン)
有料のみ
(900円〜)
100有料プラン有料プラン500MB
🥈
Webnode
✓ 簡単150+
(無料バージョン)
有料のみ
(629円〜)
無制限有料プラン有料プラン100MB
🥉
Weebly
✓ 簡単50+
(無料バージョン)
無制限有料プラン500MB
Jimdo✓ 簡単40
(無料バージョン)
有料のみ
(965円〜)
5有料プラン有料プラン500MB
WordPress△ 困難20,000+
(追加料金が要り)
0
(追加料金)
有料プラン20MB~2TB
メーカーにより(有料)

無料のホームページ作成ツールのおすすめ5選

1. Wix

  • 全てのテンプレートは【無料】で使用可能
  • 全てのウェブサイトは【スマホアプリ】で管理可能
  • 全てのデバイスは【日本語】で対応可能
  • バージョンアップは【月料金】で選択可能、$4.5ドル/月のみ
  • 個人ブログ、企業ホームページ、ECサイトは対応可能
  • 900種類以上のテンプレートがあり、Eコマース向けホームページの作成は対応可能
10/4/2021 更新
Bernieの個人経験: Wixの使用は大体4年間の経験がありますが、ホームページ作成の経験がある方は、作成途中、多少問題に遭ったことがあるでしょうか?Wixは日本での市場占有率が一番高いですので、大部分の質問に関しては、ネットでQ&Aが流れていますので、簡単に答えを検索できます。欧米市場中心のホームページ作成ツールもしくは、日本語対応可能の小さい会社のツールより使いやすいですので、Wixのイチオシの理由です。

何年前までは、一筋にWebnodeを使っていましたが、Wixはアメリカに上陸してから、たくさんの資源による最適化と開発されていますので、今はスマホアプリを使うだけで、多様なWixのウェブサイトを管理できます。バージョンアップしたくても、【月料金】で処理できますので、他のツールのように、年間料金の支払いが必要ありません。初心者の方にとっては、Wixが一番の選択肢です。

Wix は世界中最も有名なホームページ作成ツールです。大部分の初心者のユーザーにとっては、プログラミングの知識がなくても、テンプレートとドラッグ&ドロップだけで簡単にホームページが編集できます。Wix登録後、何かの機能の設定が知りたい時、Wixのホームページにも紹介動画があります。

Wix の特徴は無料で900種類以上のテンプレートから外観を選ぶことができ、初心者のユーザーでも簡単にホームページが作れることです。もし、独自ドメイン設定したくても、月料金の$4.5ドルでバージョンアップできます。また、ECサイトを作成する場合は、WixもEC ソリューションを提供してくれます。

✔︎
無料版ドメイン接続ベーシックアドバンスVIP
0円500円950円1400円2750円
日本語対応スマホアプリ独自ドメイン広告非表示動画アップロードデータ容量
✔︎✔︎✔︎ 500MB
◉ 500MB
▲ 3GB
✶ 10GB
✿ 35GB

Wixのホームページへhttps://ja.wix.com


2. Webnode

  • 全てのテンプレートは【無料】で使用可能
  • 【ユーザーが多い】2200万個のウェブサイト超え
  • 全てのデバイスは【日本語】で対応可能
  • バージョンアップの最安プランは$3.9ドル/月
  • 個人ブログ、企業ホームページ、ECサイトは対応可能
9/29/2021 更新
Bernieの個人経験:最初から今までWebnodeの使用は大体5年間の経験があります。Wixはまだ大量に宣伝されている前にホームページ作成ツールと言えば、思い浮ぶのはWebnodeでしょう。個人ブログ、ブランドサイト、ECサイトについての専用テンプレートから選ぶことができ、初心者のユーザーにとっては、非常に使いやすいです

Webnode は現在世界で最も多くのウェブサイトを持っており、Webnodeを使用して作成されたサイトは2200万個を超えています。2008年に設立された古いホームページ作成ツールですが、インターフェイスは近年大幅に更新されており、Webnodeを使用して制作されたサイトは非常に近代的です。

ネットショップに関する機能の使用は他のツールでは全てプレミアムプランでしか利用できませんが、Webnodeは無料バージョンを提供しています。提供している機能は僅かですが、非常にリーズナブルな無料のホームページ作成ツールです。

✔︎
無料版LIMITEDMINISTANDARDPRO
0円378円629円1299円2099円
日本語対応スマホアプリ独自ドメイン広告非表示動画アップロードデータ容量
✔︎✔︎ 100MB
◉ 100MB
▲ 500MB
✶ 2GB
✿ 5GB

Webnodeのホームページへhttps://www.webnode.jp/


3. Weebly

Weebly のメリット
  • 全てのテンプレートは【無料】で使用可能
  • 全てのウェブサイトは【スマホアプリ】で管理可能
  • 全てのデバイスは【日本語】で対応可能
  • バージョンアップは【月料金】で選択可能、$5ドル/月のみ
  • 個人ブログ、企業ホームページ、ECサイトは対応可能
10/4/2021 更新
Bernieの個人経験:以前、ある取引先にモデルサンプルを提供するため、しばらくWeeblyを使っていましたが、Wixの簡易版の感じです。Weeblyから提供しているテンプレートはWixよりかなり少ないですが、バックグラウンドの操作は簡単ですので、無料で簡単に良いブランドサイトを作成する場合、Weeblyはわりといい選択肢の一つです。。

Weeblyは2006年に設立され、サイトのアクセス数が現在世界一です。月に3000万近いのサイトのアクセス数がありますので、前に紹介したWixとWebnodeを上回っています。しかし、メインユーザーは大体英語母語の国で、日本市場の資源が少ないので、イチオシになりません。また、Weeblyから提供しているテンプレートはWixより少ないですし、機能もWixより少ないです。作成が簡単という原因で、北米に人気が結構ありますので、英語が得意な方にとっては、Weeblyもいい選択肢の一つです。

✔︎
無料版ConnectProビジネス
0円550円1340円2790円
日本語対応スマホアプリ独自ドメイン広告非表示動画アップロードデータ容量
✔︎✔︎✔︎✔︎ 500MB
◉ 500MB
▲ 無制限
✶ 無制限

Weeblyのホームページへhttps://www.weebly.com/


現在利用可能なプラットフォームは、Wix、Webnode、Weeblyの3つのみで、これらは比較的完成度が高く、シンプルで広く議論されています。

比較的複雑なウェブサイトを作成し、独自のサーバー(有料でコストがかかる)を使用したい場合は、以下のコメント欄でお知らせください。 以下にコメントを残していただければ、今後、「WordPressによるプロフェッショナルなウェブサイトデザイン」についての記事を書きますので、お知らせください。

4. WordPress

WordPressはオープンソースですので、つまりソフトウエアのソースコードをインターネットなどで公開し、誰もが改良や機能追加、再配布できるようにすることです。WordPressは非営利団体(NPO)です。皆様がよく聞かれているウィキペディアもNPOです。しかし、ある会社はわざと”WordPress.com”の名を付けて、WordPressのソースコードをパッケージして販売していますので、私たちがその会社の商品を全然お薦めしません。

例えば、誰がウィキペディアの内容をダウンロードしてから、本に印刷して販売する感じです。もちろん、印刷もコストかかりますが、元々ウィキペディアの精神は無料ですので、商業化の行為をお薦めしません。

WordPressは完全に無料ですが、作られたホームページを置く場所が必要がありますので、その場所はバーチャルホスト(VPS)と呼ばれています。VPSの設定はわりと難しいですので、興味がある方は下記の「ウェブサイトの基本」をご参考ください。コメントいただければ、未来はWordPressの専門サイトの構築に関する文章を書きます。


5. Jimdo

Jimdoは最も有名な機能は「ジンドゥー AI ビルダー」です。AIと聞くと何となく凄そうですので、ツール自分でホームページを作成してくれると思いましたが、実際に使用してみたら、WixとWebnodeのようにテンプレートを提供してくれるだけです。

Jimdoの全世界のユーザーはWixとWebnodeより少ないですが、日本では人気がかなりあります。日本語対応のサポート体制とインタフェースを提供してくれますので、日本市場を重視しているホームページ作成ツールの一つです。


ホームページ作成の基本知識と追加説明

1つの良いホームページは立派な家のように「住所」、「土地」、「内装」から構成されています。

  • 住所:ホームページの住所、アドレス(URL)と呼びます。(例えば、Google.com)
  • 土地:ホームページを置く場所、サーバーと呼びます。
  • 内装:ホームページの内容、中身の文章と写真など…

例えば、ある親戚のところへ訪ねます。まずは必ず住所で建物を探します。建物へたどり着いたら、入ってきれいな内装を見れます。私たちがブラウザでURL(住所)を入力したら、ネットでサーバー(土地)が見付かります。サーバーからコンテンツ(内装)をブラウザで表示してくれます。

備考:プロのあなた、もし自分でアドレス、サーバーを購入し、1からホームページ作成ご希望の方は、未来、作者が「専門サイトの構築」に関する文章を書きます。


簡単ホームページ作成ツールのメリットとデメリット

上記の通り、簡単ホームページ作成ツールは建売住宅のように土地探し、建築会社や建築士に依頼することなどの手間と時間を省くことができます。場合により、コストの節約も可能です。

✅ コミュニティリソースが比較的に多い

大手のホームページ作成ツールはユーザー数が大体億以上あります。(Wix)日本市場でも100万以上のユーザー数がありますので、トラブルに遭っても、質問があっても、大体ネットで解決方法と答えが見付かります。例えば、iOS/Androidシステムのスマホ使用時、問題があったら、解決策が大体ネットにあるはずです。しかし、もし自分が設計したスマホシステム(自分が作成したウェブサイト)の場合は、トラブルが発生したら、自分でゆっくり問題を解決するしかありません。

✅ ホームページ作成にはプログラミングが必要ない

現在、たくさんの無料のホームページ作成ツールは全て”drag and drop“の作成ツールを導入していますので、ドラッグ&ドロップだけで簡単にきれいなホームページが編集できます。


🚫 制限一:ホームページ作成ツールのURLが付いています。

URLはウェブサイトの入口みたいですので、一般的は無料のホームページ作成ツールは後ろに自社のURLを付けます。ユーザが有料でその制限を解除できますが、月に大体$4~$5ドルになります。(以下はWixを例として、上の写真は無料バージョンで、下の写真は有料バージョンです。)

🚫 制限二:著作権表示

ネットで他人の文章や写真を引用する際には、必ず引用元を注記しないといけませんが、もし、著作権の持ち主に費用を支払ったら、文章や写真は購入したものですので、引用元を注記しなくても、大丈夫です。

無料のホームページ作成ツールは大体後ろに「○○製作」と書かれていますが、同じく月に大体$4~$5ドルの有料でその制限を解除できます。(制限一の専用URLを含め)

Bernie

デンバー大学出身で、アメリカのグーグルと中国のアリババに勤めたことがあり、現在日本でネットセキュリティに関する会社を経営しています。前の大手会社での実務経験により、インターネット情報の扱いは安全ではないことが分かりました。大部分の使用者のネット使用情報はハッカーに簡単に読み取られますので、アメリカでは、大部分のユーザーが、インターネットのセキュリティを確保するために全てのネット使用データを暗号化してから、扱っています。ただし、アジアでは、そのような認識.習慣がほとんどありません。誰でもネットワークセキュリティの重要性をより認識し、自分自身のネット使用情報を隠す方法を学ぶ必要があると思います。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply

高級プレーヤーになりませんか?

デジタル生活マニュアルを登録してください!

フォローする:

© 2021 All Rights Reserved

LifeDigitalWiki
Logo